Tax My Life

20代の市役所職員が税理士試験や税金について情報発信します。

公務員を辞めるタイミングは4月末がベストだと思った理由 

f:id:riitanpindora_7700:20180908135426p:plain

私は市役所で働いているのですが、 仕事を辞める時期について悩んでいました。 

 

公務員として働いている方で、 辞めたいと思っている人は潜在的に多いんじゃないでしょうか。 

 

私の周りでは、 12月の年末だったり 、 3月末の年度末で辞めていく人が多いのですが、いつごろが仕事を辞めるベストタイミングなのかを考えた結果、4月末を最後の出勤日 として退職することが一番良いのではないかと思いました。 

 

※支給の算定方法や基準日は各自治体ごとに違うので、 自分の自治体のルールをご確認ください。 

 

では、なぜ年度末である3月末ではなく4月末かというと 以下の理由になります。

それぞれについて解説していきます。

 

 

 

kanikuri-mukorokke.hatenablog.com

 

4月になると有給が20日もらえる 

一番多いのが、2月中を最終出勤日として、3月いっぱいは有給消化に充て、人事異動とともに退職するパターンだと思います。 

 

4月時点で在籍している職員には毎年20日間の有給(正式には年次休暇)がもらえます。 

 

そのため、3月いっぱいで退職したとすると20日分の有給がもらえないことになります。 

 

6月のボーナス支給の基準日が6月1日 

公務員は、6月と12月にボーナス(勤勉手当、期末手当)がもらえます。 

 

実は、ボーナス支給の基準日はその月の1日に在籍している職員になるんです。 

 

ということは、5月31日まで在籍していても、1円も貰うことはできず、6月1日が最後の有給消化日であったとしても全額支給されることになります。 

 

ここで、3月末が最後の出勤日だと仮定した場合では、4月、5月の合計平日数は40日を超え、結果的に5月末退職となってしまうので、賞与支給の要件を満たすことができません。 

 

そのため、 4月中は有給を使いつつ、 4月末を最終出勤日とし、 6 月1日は在籍しているように計算して予定を組むべきでしよう。 

 

20日まで前年度の有給を繰り越せる 

 公務員は、20日まで前年度の有給を繰り越すことができるため、最大で40日間の有給を貯めておくことができます。 

 

ですが、年間20日以上有給を使うことができている人はほとんどいないのではないでしよう力、。 

 

3月末の時点で20日以上の有給があっても、20日を超える部分については消えてなくなってしまいます。 

 

そのため、3月末まで計画的に、有給が20日以下になるように使うことができればいいと思います。 

 

退職金が多くもらえる 

公務員は、失業手当を受給することができないため、退職手当をもらうことができます。 

 

公務員の退職金は、勤続年数によって変わってきます。 

 

算定率は自治体によって異なってくると思いますが、10年目までの職員は、

勤続年数×10万円 

を退職金として受け取ることができる計算になっています。(ざっくりとした計算ですが)

 

問題は、この勤続年数の算定方法です。これは、1年未満の年数を切り上げる自治体が多いようです。

※勤続年数5年以下の若手は切り捨てられることが多いです。 

 

そのため、単純計算で10万円ほどの差が出てきてしまうことになります。 

 

新年度始まってすぐに退職するのは気まずい 

ここまで、4月末を最終出勤日にし、ボーナスをもらってから辞めることを勧めてきたわけなんですが、実際に行動に移すことを考えると、なかなか難しいと思います。 

 

3月から4月はどの部署も忙しい時期であり、新入職員や人事異動によって異動してきた職員もいるため、 ここで1人退職するのは職場の負担が大きいことが想像されます。 

 

また、4月の年度初めに人員が1人抜けると、人員補給にも時間がかかるため迷惑がられることもあるかもしれません。 

 

私自身も、公務員として働いている職員の一人なわけですが、自分に置き換えても4月末に退職するのはとても勇気のいることでしよう。 

 

正直、辞める職場のことなんか知ったことではないと思いますが、中にはそういったことを気にしてしまい辞めるに辞められない人もいるのかもしれないです。  

 

そういう人は、職場の状況と自分の意志を天秤にかけて退職する時期を決定するべきかもしれません。 

 

体を壊すくらい仕事を続けたくないのであれば、今すぐ辞めるべき 

とはいえ、仕事で体を壊しそうなのであれば、一刻も早く辞めるべきです。 

 

公務員を辞めたとしても、また何かしらの仕事を続けていくわけですから、体を壊しては療養に時間もかかりますし、再スタートが大幅に出遅れることになるでしよう。

 

お金や職場のことを気にして退職を迷うのはデメリットが大きすぎますので、タイミングを考える必要はありません。

 

辞めたいときに辞めましょう。

 

 

kanikuri-mukorokke.hatenablog.com

 

公務員を辞めるタイミングまとめ 

・4月末を最終出勤日にして6月のボーナスをもらってから辞める 

・新年度を迎えるまでに有給が20日以下になるように調整しておく 

・退職金はいくらもらえるか事前に確認しておく 

・(個人的には)辞める職場のことなんて知ったこっちゃないが、人によっては職場の状況を考えなければならない場合もあるかも 

・体を壊しそうな人はお金のことは気にせず一刻も早く辞めるべき 

 

 

 

kanikuri-mukorokke.hatenablog.com